スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

象使![VS魏他8枚悲哀]

どうも、『象悲哀を使おう!』略しまして、『象使!』の時間ですw
思った以上に質問を頂いたので二つずつ解説して行こうと思います^^
と、思ったのですが、書いているうちに一つのお題で結構な量書いていたので、やっぱ一つにさせていただきますorz
さて、今日のお題はタイトル通り

『魏他8枚悲哀』

ハー(´∀`;)
さっそく難題だょw(ぇー
まぁまず先に、象悲哀を使う際のの心得を先に紹介して、続きから、それぞれの解説とさせていただきます。

■象悲哀心得-その1■
 士気が貯まり次第、可能な限り早く舞え!!!
 悲哀は序盤から最後まで効果を発揮してなんぼのものぞ!!!
■象悲哀心得-その2■
 状況を把握せよ!早く舞おうとしても相手の生き残り次第では後延ばしも考えよ!!!
■象悲哀心得-その3■
 悲哀は『攻める=守る』である!!!
 甄皇后接触後での防衛は守りにあらず!!!
 ボクロンではじけぬのならいっそ諦めも肝心ぞ!!!
■象悲哀心得-その4■
 悲哀の糧とするは復活持ち武将を糧とせよ!!!
 復活の武将回転率を活用して戦線の維持を狙え!!!
■象悲哀心得-その5■
 相手のデッキの特性、攻め方を戦闘中に認識し、それに応じた戦いをせよ!!!
 武将によっての妨害計略をしっかり見極めよ!!!
 はじき戦法でも押せるのであればそれも良し!!!

と、基本的に守って欲しいのは上にあげた事項ですね(`・ω・´)
とうの本人もいくつ守れてるかは定かではありませんがwwww
やはり基本的には大戦をプレイする上で必要な事とかぶっているかもしれませんが、やはり『悲哀』ってだけでも相当通常とは違うプレイになる気がするんですよね。
大まかな心得としてはこんな所で、更に詳しい覚えておくべきテクニックは色んなデッキと当たった際に紹介して行こうと思います。
一番重要なのは柔軟な対応、全部とは言わなくても、ある程度の武将を把握しての状況把握、操作を心がけないと、5枚とか使ってる時以上に接触してなくて攻城を許してしまう、と言うシチュになってしまぅ可能性がありますので。
最初のうちはどの武将を操作してるのかわからなくなるので、弓武将を要所以外動かさずに4枚のカードの操作だけに神経を集中してみる、と言うのが上達のコツかもしれません^^
それでは続きより解説参りますっ!!(`・ω・´)
『VS 魏他8枚悲哀』from:らぷんつぇる

悲哀のベース、とも言える8枚悲哀、8体より甄皇后を抜いても残り7体いるだけあって、悲哀の効果がクリーンヒットした時の圧倒力は象悲哀以上です、更に陳羣での強化戦法無効化、程での反計と、妨害のバリエーションもあり、これまた色んなデッキに対応できる十分なスペックをお持ちです。
最高武力は楽進の4もしくは張梁の5と言ったあたりですね。
それが悲哀でパワーアップされれば、さぁ大変。
じゃぁどうするか?

更に武力の高いボクロンで先に倒す。

悲哀同士で大きな分け目となるのが、コスト1と2の違いですね。
こちら2コスにまとめた分、1コスには引けを取らない武将を登用してますので、彼を使わない手はなぃ!!!
ちなみに先ほどの心得より、『悲哀(舞)同士、先に舞うが有利』とも覚えておきましょう^^
なので攻め方としては

-序盤-
甄皇后、阿会喃のペアで伏兵掘りに、この際相手も数が多いのですぐに正面衝突の可能性がありますので、騎兵ペアは前に出た際に、相手の弓を奪い、更に楽進等の騎兵を誘導して後詰の周倉で迎撃を取りましょう。
また、すぐに正面衝突となるので、弓兵は前線に配置して即座に攻撃できる用意をしましょう。
楽進は騎兵ペアor弓兵を狙わざるを得ないので、周倉はその二つの部隊の間で遊軍となるが○です。
張春華も弓兵の後ろあたりに配置で誘導した楽進とかに踏ませる事ができるとなおよし♪
甄皇后はこの際すぐに舞える準備の為、伏兵捜索の深追いはやめましょう、兵力6割あたりで最後誰かに突撃して帰城する~、位の気持ちで後の為に回復しに戻りましょう。
***チェックポイント***
-この際伏兵、主に程は前線or後方柵近くの二つの伏兵配置の種類があります。
後者が多いかもしれませんが、念には念を押して、ボクロンは他の武将の後ろから進軍しましょう。
せっかくの最高武力を序盤落とすと相手のペースにはまる可能性大なので、あせらず序盤は伏兵警戒をしましょう。
*************
伏兵を踏んだのであればボクロンで弓兵>武力の高い武将>柵の優先順位でパオーラ使用して狙っていきましょう。
(弓兵が一番なのは、いち早く弓の遠距離攻撃を無効にする為です。弓兵が元の場所に戻る為に所要する無攻撃時間は結構なものです♪)
伏兵を見つけてない場合は、ボクロンに序盤無理な突撃をさせずに、他の武将が探索してみて大丈夫だったところ、もしくは設置されている柵とは反対側への攻城を狙ってみましょう。
ちなみにボクロンの利用法として、可能な限り周倉とのペアでの行動をオススメします。
それは騎兵の突撃にあって、武力が低い騎兵でも、突撃はそこそこ兵力を削ってくれるので、せっかくの高武力、長生きしてもらって活躍してもらいたいわけですよwなので周倉の槍で牽制して乱戦まで持ちこんでやりましょう!!

これで、突撃さえ食らいすぎていなければボクロンが圧倒的武力で場の武将をほとんどやっつけてくれるでしょう。
この際に移動速度の速い騎兵の阿会喃や、弓兵をちょこちょこっと柵を壊しに行きましょう。舞を守る柵は後々やっかいです(´・ω・`)
場を制圧できたら弓兵は城門前をサポートできるよう中央に、場を制圧してちょっとしたら士気が貯まると思うので、甄皇后を出して悲哀を舞ってしまいましょう♪^^
甄皇后が序盤撤退してしまったら少し時間はかかりますが、復活後9割~フル兵力にしてから舞いましょう。

-中盤-
中盤、相手は完璧に悲哀がメイン計略となるので間違いなく悲哀同士のぶつかり合いとなるでしょう、ここで先に武力高い武将から潰したい気はまんまんですが、多分難しいと思うので、最低中央ライン以上攻められないようにライン死守が目的となります。
が、ここで伏兵&柵が無い状態であれば、ボクロンのはじき戦法と共に相手の甄皇后を狙いに行くのも一つの手です、その際阿会喃か周倉か護衛につけておけるとグットです(`・ω・´)
***チェックポイント***
ボクロンでつっこむ際、陳羣からの雲散は食らってもフル兵力であれば十分甄皇后まで辿り着いて倒せるまでに至れると思います。
ただはじき戦法の際に気をつけて欲しいのは、『迎撃』と『反計』
どちらも程による危険性なのですが、反計ならまだしも、迎撃は相手が武力1だとて甘く見たら半分、それ以上持っていかれる可能性もあるので、撃つ際、そして甄皇后に接触する際は程の存在を忘れないように気をつけてください。
**************
基本魏他8枚悲哀の場合、弓も多くて、知力高めの武力少なめ武将が多いので、この象悲哀を使う際に他の武将の計略はさほど使おう、と思う必要は無いでしょう。
張春華の雲散霧消=士気の無駄、悲哀に対して使ってもイマイチ
王允の連環の小計=知力高めなので、効果低い、楽進、張梁に対しては使えるけど、悲哀の武将達は素では弱いので、本当に強くなってしまった時だけ上かこちらか使ってしのぎましょう。
で、この悲哀同士の衝突の際、絶対やらねばならない事は

撃たれても撃ち落せ!!

つまり、中央ラインより先に相手武将に進軍されてしまっても、守備に戦力を割けるのではなく、むしろこちらの甄皇后守りきれない、と思ったらいっその事他の武将も相手の甄皇后を狙って絶対自分の悲哀だけが解除される、と言う事の無いようにしましょう。
ただ相手も数が多いので、中央ラインは結構抜かれてしまう事があるので、逆悲哀相手だと、自分の甄皇后がいるラインを狙う感じで、防衛も一緒に出来るようにするのが有効的です。
ちなみに一度ボクロンが甄皇后を倒す!と、進軍したらいくら自軍が危うい状況になっても、戻るのは後です!!
いっそその自陣のピンチに兵法とかでのサポートとかがで対処するのが○
ボクロンは特攻戦法みたぃにつっこみましょうw
で・・・・
そこで壊滅させる事ができればそのまま落城まですぐです。
お互い甄皇后が倒れたら、ボクロン、生存部隊、兵法の有無によって、兵法で自城防衛しきれるなら再起でボクロンは引き続き攻城、兵法が無くて攻城部隊数が明らか(3体以上の差)であれば戻って防衛に回りましょう。
ただ後者の場合もこちら復活持ち3体も居るので、時間を考えてみてみる、と言うのも頭の使いどころです。
お互い壊滅状態だと、また最後の後半にて悲哀のぶつかりか、カウント数が少なければ悲哀を舞わずに甄皇后も数にして攻城を狙う、と言う方が効果的かもしれません。
甄皇后を狙うのにボクロン+αいれば本当に倒せるものなので^^;

ほんと2コスの武力を

活かした戦い方なんですよね^^;


結局そんな結論かょ!?って言われると、はい、そぅです、としか言えないのですが、ボクロンは本当に効果的なんですょぉ~><
この武力、同じく他のデッキにも使えますし、なにより士気3で神速戦法って言うのが最高なんですよwww
神速戦法状態でのパオーラ食らった武将の所定の位置からのずれと言ったら・・・・すごぃんですからwww

さて、第一回目『象使』こんな感じになりましたがいかがでしょうか?
長々と話してると段々何言ってるのかわからなくなるのがリョーチョーの不安なのですが^^;
これで大丈夫であればこんなテンション?でこれからも頑張っていきたいと思います♪

象悲哀、ちょっと使いたくなったかも
関連記事

この記事へのコメント

- 笹木琥次郎&槍@携帯 - 2007年01月16日 09:29:08

長~~~~~~ぃ説明お疲れ様です(≧Д≦)ゞ
勉強になりますw…が99%で実践中に頭真っ白でしょうw
今度再度つかわさせていただくときは参考にいたしまふ(´・ω・`)b

- まりうす@ - 2007年01月17日 02:26:13

だいぶんとご無沙汰しております~
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
急にいそがしくなってしまい
ご無沙汰してしまってもうしわけありません><
今回は生存報告に参りました~
心配コメント、ありがとうございました(≧∇≦)b

トラックバック

URL :

ぷろふぃーる

遼超 雷破

Author:遼超 雷破
張遼様が大好きな君主です。特に蒼天のときたらっ、くぅ~(何w
デッキはオリジナリティあふれるデッキを目標としており。
2では象悲哀。3では徐盛6枚苦楽、6枚飛天神速→求心など個人的に面白いと感じるものだけ使ってます。
ネタと腕重視でこの戦乱を戦い抜いてますw
ブログでは大戦記事、物語(ICB)やイラスト等を扱っております。イラストは初心者ですがw良ければ見てやってくださいw
チーム【らいぱ】の団長をやってます。わぃゎぃ楽しく交流するのががモットーw
プロフィール詳細
RAIPA2.gif
20060821045959.jpg
やっぱ・・・足だぉね?(〃∇〃)

最新記事
最近のこめんと
かてごりぃ
あふぃりえいと
かうんたぁ

けんさく
かれんだぁ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
りんく

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。